ホーム » 未分類 » 現金おろすよりクレジットカード

現金おろすよりクレジットカード

私は、5年頃に就職した際、クレジットカードを作り、以降、大きな買い物はクレジットカードを使うようにしています。まず、現金のデメリットととして、財布がかさばる、土日や時間外におろすときいちいち手数料がかかる(そしてわざわざおろしにいかないといけない)などがあると思います。クレジットであれば、思った時にスマートに支払いができます。また大きな買い物は現金をわざわざそのためにおろすのも物騒ですし、面倒なので、クレジットで払う事が多いですが、そうすると一年ないし二年である程度まとまったポイントが溜まります。これを商品券等に変換すれば、とてもお得です。ポイントを使える期間が過ぎないように注意しましょう。また手先の感覚が鈍くなってくるお年寄りにもオススメです。いちいち財布から小銭をださなくていいし、札ばかり出していて、小銭が溜まってどうしようもないという人も沢山います。クレジットに対して、持ったことない人は抵抗はあるかもしれませんがレシートを残しておき、明細と照らし合わせさえすれば、何ら怖いことはありません。私は是非、お金をおろす、出すという面倒な作業から、ドンドンカード化が進んで、解放されればよいと思います。