まいどプラスの出光カード

クレジットカード・ETCカード・家族カードも永年年会費無料、店舗のガソリン価格からいつでも2円/L値引きのあるクレジットカードです。さらに年会費500円を払って「ねびきプラスサービス」に入会すると、クレジットの使用金額によって値引き単価が上がり、月額3万円以上から段階的に2円+2~6円(ねびきプラスサービス分)まで最大8円引きになり、楽天ポイントカードがあればさらに楽天ポイントも貰える石油系のカードです。クレディセゾンと出光興産が提携していてVISA・mastercard・JCB・AMERICAN EXPRESSの4つの国際ブランドから選べ、カードの盗難や紛失の際も届け出日より61日前まで遡り、不正使用分の損害金を保証もして貰えるので安心できます。残念なのは、ロードサービスが無料付帯ではなく750円の年会費がかかります。レッカーの牽引代無料分が10㎞までと短く、脱輪引き上げ時のクレーン使用は有料となるので、ロードサービスに入るなら任意保険やJAFで加入した方が良いかもしれません。ポイントの還元率は1,000円ごとに5ポイントで1000円以下は切り捨てられてしまうため、還元率から考えると良いとはいえないと思います。したがってガソリンやクレジットカードをたくさん使用する人にはお勧めなカードですが、プリカでも常時2円値引きしてくれるのであまり使わない人には魅力的ではないかもしれません。

ジャックスカードで賢くショッピング!

私はショッピングの際に食料品のまとめ買いをすることが多く、支払いはジャックスカードを使用しています。他にもオークションなどでの支払いやアマゾン、楽天、YAHOO!ショッピングなどのネット通販の支払いもジャックスカードで行っています。ジャックスカードで支払いをすればショッピング合計200円に付き1ポイントが貯まり、貯まったポイントはポイント数に応じて欲しい商品と交換することが出来るので、欲しい商品のポイント数に到着するまで地道にジャックスカードを使用してショッピングをしています。ポイントの有効期限はポイントを獲得した月より2年後の末日となっているので、2年あればポイントもかなり貯まります。これまでに象印のIHジャーや商品券と交換したことがあります。ネットショッピングや街でのショッピングで還元率の高いショップもあるので、欲しいものを買いつつも賢くポイントを貯めたいですね。

クレジットカードを利用してマイルを貯める方法

クレジットカードでは実はマイルを貯めることができます。そのための方法にはいくつかの方法がありますが、まずは、ANAマイルを無期限で貯めたいという場合には、ANAアメリカン・エキスプレス・カードがおすすめです。こちらのANAアメリカン・エキスプレス・カードは年会費が7,000円(税別)ということで、リーズナブルな価格で持つことが出来るクレジットカードとなっています。
こちらの、ANAアメリカン・エキスプレス・カードならポイント移行コース(6,000円税別)というものがあります。これらに参加すれば、無期限でマイルを大量に貯める事が出来るというのが大きな特徴です。
こちらのカードでのマイルの貯め方ですが、まずは、国内便の利用が多い場合には、利用をする際にマイルを貯めることができます。旅行の際にも貯めることができます。
後は、セブンイレブンやイトーヨーカドーをよく利用する場合には、ANAマイル特約店ですので、ショッピングでマイルを貯めることができます。普段よく使うお店と提携していれば、そちらで、このANAクレジットカードで決済するようにすると、マイルが貯まることになります。
たとえば、セブンイレブンの利用でもマイルが貯まります。

入院費用をクレジットカード払いにしてポイントゲット

とある手術をして40万円ほどの入院費用が掛かりました。クレジットカード払いがOKの病院だったため、現金を用意するのも手間だったのでクレジットカードで支払うことにしました。所有している年会費無料の楽天カードで支払いました。100円利用で1ポイント貯まるので、40万円の支払いだと4000ポイントももらうことができました。かなり多くのポイントをもらえたので、会員のランクが一つ上がり、少しだけですが、ポイント獲得の優遇も受けられるようになりました。また、カードの利用額が一気に増えたせいなのか、カードの限度利用額が50万円から120万円に増枠されました。入院したのは大変でしたが、不幸中の幸いというか、少し得した話でした。

当初は抵抗感がありましたが、今は普通に使っています。

今まで、クレジットカードを作るのは極力控えてきました。一応、1枚だけ作っていましたが、それも実際には一度も利用したことはなく、この先も利用することはないと思っていました。理由はシンプルで、使い過ぎや個人情報漏れなどのリスクを心配していたからです。が、最近では普通に、つまりは抵抗感なく利用している自分がいます。まず、前述したようなリスクが発生することはごくごく稀です。使い過ぎに関しては、計画的に利用すれば問題ありませんし、個人情報漏れに関しても、信頼あるクレジット会社ならまず問題ありません。というわけで、今では普通に使っているんですよね。とりわけ、ネットで買い物をする際にすぐに決済が完了するので重宝しています。今までは、コンビニ支払を利用してきましたが、それとは比べ物にならないくらいスムーズです。今のところ、何か問題が生じたこともないので、これからもクレジットカードを利用していきたいですね。

空いた時間にクレジットカードのポイントをコツコツ貯める

ポイントを貯めるために光熱費や携帯代などをクレジットカード払いにされている方は多いと思います。私の場合、より多くポイントを貯めるためにカード会社のマイページからネットショッピングをしたり、アンケートに答えたり、ゲームをしています。ポイントアップになるキャンペーンなども開催されているのでお得にポイントを貯められます。他にも商品アンケートやレシートを送ってポイントを貯められたり、CMを見たり、隙間時間にコツコツ取り組んでポイントを貯めるようにしています。これらのサービスはわずかなポイントにしかなりませんが、チリも積もれば・・何とやらでバカにならないです。こういったサービスがあるとクレジットカードを使うのが楽しくなりますし、もっと他にもサービスを追加して欲しいと思っています。

クレジットカードとの付き合い方

クレジットカードは怖いものだと言って嫌厭する人も多いが、私の場合は4種類のカードを使い分けて、きちんと管理することでうまくやりくりしています。クレジットカードはポイント還元率が大きいので、利用する用途に応じてうまく使うと非常に便利です。年会費がかからず、ポイント付与率が高く、サービスが充実している、Amazonカードやdカードなどは重宝しています。現金払いでは難しくてできない、分割決済やリボ払いなどがクレジットカードのメリットとも言えるかもしれません。また、最近はチャージ式のプリペイドカードのようなものもできて、クレジットのように使いすぎることがないので、カードに不慣れな人にはこういったものを利用するのをオススメします。

使い方を間違わなければこわくない。もっとクレジットカードを利用しよう。

おそらく誰でも1枚はクレジットカードを持っていると思いますが、みなさんはクレジットカードを日常の買い物や支払いに対してどの位の割合で使用していますか?私はクレジットカードが使える場合は必ず使用しています。クレジットカードをよく使うというと、自分が使ったお金を把握できなくなりそうでこわいという人がいますが、使い方に気をつければ問題ありません。欲しいと思ったものを何でも買える魔法のカードと思ってしまえば、それはとても恐ろしいことになりますが、現金の代わりに使用しているだけと考えればこわくありません。クレジットカードを利用する場合は、必ず一日の終わりに今日使った金額を書き出しすこと。そうすれば不要なものまで買って、多額のお金を使ってしまうことはなくなるはずです。私がそこまでしてクレジットカードを使用する理由は二つ。一つは銀行にお金をおろしに行くのが面倒だから。もう一つは、現金を使って払うと何も残らないけれど、クレジットカードを使って払うとポイントが付くからです。そのポイントと使って商品を手に入れたり、商品券に交換することができるのでお得だからです。クレジットカードは使い方を間違わなければ、とてもよいものだと思います。

現金おろすよりクレジットカード

私は、5年頃に就職した際、クレジットカードを作り、以降、大きな買い物はクレジットカードを使うようにしています。まず、現金のデメリットととして、財布がかさばる、土日や時間外におろすときいちいち手数料がかかる(そしてわざわざおろしにいかないといけない)などがあると思います。クレジットであれば、思った時にスマートに支払いができます。また大きな買い物は現金をわざわざそのためにおろすのも物騒ですし、面倒なので、クレジットで払う事が多いですが、そうすると一年ないし二年である程度まとまったポイントが溜まります。これを商品券等に変換すれば、とてもお得です。ポイントを使える期間が過ぎないように注意しましょう。また手先の感覚が鈍くなってくるお年寄りにもオススメです。いちいち財布から小銭をださなくていいし、札ばかり出していて、小銭が溜まってどうしようもないという人も沢山います。クレジットに対して、持ったことない人は抵抗はあるかもしれませんがレシートを残しておき、明細と照らし合わせさえすれば、何ら怖いことはありません。私は是非、お金をおろす、出すという面倒な作業から、ドンドンカード化が進んで、解放されればよいと思います。

学生の方がクレジットカードを作るには

今は学生の方も持てるクレジットカードの商品も増えました。収入のない学生の方がクレジットカードを持つには、まず実家の信用が必要になります。つまり、学生の方ではなく実家のご両親がクレジットカードを持つだけの信用があるのかを、審査では見られる事になります。その為、実家のご両親に一定の収入がある事や、多額の借入金がない事など、信用があれば学生の方でもクレジットカードを持つ事はできます。学生の方でも、インターネットショッピングの利用や、一人暮らしの方は公共料金の支払いなど、クレジットカードを使用する機会は沢山あります。気軽に利用できるクレジットカードは生活の中でも便利ですが、だからこそ計画的に使用しなければいけません。